fc2ブログ

怪奇話・怪談・怖い話等

7-1序|自分の記憶を考察する【怪談・短編】

過去に体験したことが、自分にとってのみならず社会にとっても重要な出来事だったのかもしれないと、後々思い知る場合も有る。勘違いだと思って過ごして来た怪奇体験についても…。





俺(米津秀行・22歳・多摩地方に有る大学の学生)は、興味本位で付いて来た(有り難くもあるが)友人の白壁と共に小道に立って、俺の自宅アパートのベランダを見上げる。

ここから見たところ異変もなく、Yシャツやチノパンが干して有る日常的風景だ。昨日の怪奇現象のことも頭に過るが、部屋に上がろうと意を決した。アパートの敷地へ歩きだすと、後ろから付いて来る白壁が「俺もついに、幽霊を目撃するわけだ」と笑う。

ポストの並ぶ共有スペースを通り過ぎて階段に足をかけて、自室の有る3階へゆっくりと上る。

上りつつ、昨日のことを思い出してみる。


7-2野心-昨日の学祭|自分の記憶を考察する【怪談・短編】」へ。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧








スポンサーサイト