fc2ブログ

怪奇話・怪談・怖い話等

タクシー乗車時の注意点【怖い話・短編】

(本話の分量は、文庫本換算1P程です。)



眠い!頭がグルグルする!でも、じんわりと暖かくて心地よい。

金曜日の終電後、俺は駅前ロータリーでタクシー待ちの行列に並んでいた。立っていられることすら不思議であって、おそらく、意思でコントロールできないさまざま物理的要素が絶妙に絡み合って、立っているのだろう。

それにしても…。俺は、じんわりと暖かくて心地良い身体を、さらに心地よくすることを頭に浮かべる。システム開発を請け負う会社に勤めている俺だが、先程、事務的備品を提供するxyz株式会社のシステム開発担当者を接待した。その場で、契約してくれる約束のようなことばを得た。

あと一歩かな。店の選定も良かったし、仕事の話しを切り出すタイミングも良かった。今日の俺は、冴えていたな。自分に酔いしれる。





列に並び始めて30分くらいかな?俺が先頭になった。そしてついに、タクシーが駅前ロータリーに入ってきて、俺の目の前に横付けして後部ドアを開く。俺は、足元に気を付けつつ、なだれ込むように乗車。

「どちらまで?」という運転手に対して、俺は「△△市××三丁目でそこからは説明します」と言った。

タクシーは走り出す。30分はかかるだろう。座っていると、眠気は明らかに俺の主体意思に勝りはじめる。ふと、カクン!と首~肩や腰への衝撃に、主体的意思を取り戻す。だが、またぼんやりして来て、ふとカクンとして目を覚ます。これを繰り返す。

ダメだ。起きていないと。俺は、主体的意思を取り戻す。アパート付近には運転手に右だ左だお伝えする。××三丁目以降は「◎◎ビルへ」と伝えれば寝ていれば良いのだが、個人情報保護からして伝えるのは止そう。いや、気にし過ぎかな?それより、寝る前にもう一杯飲もう。それなら近所のコンビニで降ろしてもらおうか?ちょっと良い酒にしよう。今日はうまくいったな。ただ、調達時間と当日予約のタイムラグにもっと改善点は有る。まだまだ悩ましい。xyzは売買データの繁栄にタイムラグ。そう言えばこの前接待したabc会社のシステムは個人情報の暗号システムに改善点有り。う~ん。仕事は山積だ。(またぼんやりしてくる。)





それからは、「◎◎ビルまでと言おうか?近所のコンビニで降りようか?」「xyz会社のタイムラグの改善点」が頭を巡りつつ、ぼんやりしてきてカクンとなる。こんなことを繰り返しつつ、ぼんやりの時間が長くなって行ったと思う。

ふと。運転手の強めの声。夢を見ていた気もする。顔を上げて窓の外を見る。自宅アパートだ。運転手に言われるまま、お金を支払った。降車して、アパートの玄関をくぐる。部屋へと階段を上って、玄関の前に。

その時、はっと気が付いた。俺は、運転手に、アパートのピンポイントの住所、つまり◎◎ビルまでとは説明していない。何で、あの運転手は俺のアパートが分かった?

ふと、俺は夢と現実の狭間で「◎◎ビルまでと言おうか?近所のコンビニで降りようか?」等と悩んでいたことを思い出した。もしかすると、声に出して呟いていた気もしてきた。同時にハッとした。「xyz会社のシステムのタイムラグに改善点」とも呟いたような。俺は、サッと頭や顔が冷えるのを感じたのだった。


以上「タクシー乗車時の注意点【怖い話・短編】」。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧

本blogの全記事一覧






スポンサーサイト