fc2ブログ

エレベーターで叫べ【怖い話・短編】

(本話の分量は文庫本換算2ページ程です。)



俺(22歳・男)は、この春から社会人デビューをした。

それに伴い、都内の或るアパートにて一人暮らしをはじめた。古いアパートだが、5階建てで部屋の数は多く、エレベーターも設置されている。

全階ふきっさらしの廊下だが、その一か所で、エレベーターは上下階をつなぐ。4階に暮らす俺は、出勤時の朝も帰宅時の夜も、エレベーターをよく利用する。

そんなエレベーターについて、深夜のみに起こる異変に、俺は気付いた。





怪奇?勘違い?深夜のエレベーターのみ起こる現象|エレベーターで叫べ【怖い話・短編】


今は深夜。アパートの敷地に足を踏み入れて、エレベーターへと向かっている。翌日が休みということもあって、仕事の遅れを取り戻すために残業をしての帰宅だ。正面に、エレベーターが見えて来た。やはりだ。エレベーターは、俺を迎えるように1階に到着して扉は開いている。

俺は、そのままエレベーターに乗って、4階を押す。重い機械音とともに扉は閉じて、上昇。やがて4階に到着…。やはりだ。扉が開かないのだ。俺は「開く」ボタンを押す。それでもまだ開かない。5度くらいは押したかな?シンと静まったエレベーターにおいては、ボタンを連打する音すら反響する。そうした中で、やっと開いた。

「1階に到着していることから4階に到着してもなかなか開かない」これらのことは、深夜のエレベーターでは毎度起こる。一方、朝のエレベーターでは起らない。



疑問を持ちつつエレベーターを降りて、自室へと歩く。

人通りのない深夜、静まったエレベーター、そこで合理的説明のできない現象。成る程、怪奇的な何かの仕業にしたくなる人が存在するのも分かる。

理解できるからといって、本気で怪奇的な何かの仕業とは思わないけれど。

俺は、自室へとたどり着いた。





深夜の開きにくいエレベーターを開く方法|エレベーターで叫べ【怖い話・短編】


違う或る日。俺はまた、残業のため、深夜に帰宅した。アパートの敷地前では、翌日に回収されるゴミを出している中年男がいた。俺は、その中年男に適当に挨拶をして通り過ぎて、アパートの敷地に足を踏み入れる。歩いていると、エレベーターが目に入る。やはり1階に到着しており、扉は開いている。

俺がエレベーターに乗って4階を押した時、ゴミを出し終えた中年男は「すいません」と言いつつ駆け込んで来た。「何階ですか?」と中年男に聞くと、「5階をお願いします」という。俺は、5階を押して「閉める」ボタンを押す。エレベーターは、重い機械音とともに閉じて上昇。

すぐに4階に着いた。やはり開かない。俺は中年男に、「深夜のエレベーターってなかなか開かないですよね」と言いつつ、「開く」ボタンを連打。それでも開かない。中年男は「君、このアパートに来て日は浅いの?そう言う時はね、毅然と言うんだ」と言ってから、俺にではない誰かに向かってか「イタズラはやめろ!」と怒鳴った。

エレベーター内に中年男の声が反響する。大きな声に圧倒される俺は開くボタンを押すのを忘れていたが、反響が収まらない内にエレベーターは開いた。「4階だよ」と言って中年男は俺を外へ促しす。叫び声に呆気に取られつつ何で開いたの?と質問したい等々、俺は頭の整理がつかない。そんな俺に、中年男は「まあ気にしなさんな。今度は君も試すといいよ」といいつつ、俺を外へと促す。促されるままエレベーターを降りて俺は考えた。イタズラ?誰の?それに、何で怒鳴ると開いた?さまざま疑問の錯綜するまま、自室に。





試してみる|エレベーターで叫べ【怖い話・短編】


その日から俺はエレベーターに対して疑問と怪奇的想像は止まなかったが、本日、残業して深夜に帰宅した。アパートの敷地に足を踏み入れた時に、エレベーターはちょうど1階に到着して口を開けたのが見えた。階段にしようか?いや、中年男に言われたことを試してみようか?

迷った俺だが、エレベーターに乗った。4階を押して、閉まるボタンを押す。重い機械の音とともにエレベーターは閉じて上昇、すぐに4階に。やはり扉は開かない。「開く」ボタンを押してみる。でも、開かない。俺は、中年男に教わったように、毅然とことばを発することにした。

俺は、「イタズラはやめろ!」と叫んだ。エレベーター内に俺の声は反響して、すぐに静まり返った。エレベーター内で叫ぶなんて日常で行わない不自然さ、また多少の怖さのせいもあって、上ずった声になった。

機械音とともに、扉は開いた。「開く」ボタンを押してはいないのだけど。叫ぶと同時に開いたことに、何者かと会話した感覚になった。何者か近くに居る?そんな感覚を持って、そろりとエレベーターを降りた。

そして小走りに自室の前へ。何かに追われるような焦りすらを感じつつ、鍵を取り出す。鍵穴にうまく差し込めない。余計に焦る。偶然のように鍵穴にささると、慌てて回してドタバタとドアを開けて部屋に滑り込む。ドアを閉めつつ、部屋の前や廊下に誰もいないことを左右確認。そして閉じると、ばっちり戸締り。その時に俺は、一息ついた。

だがその時。一度、ドン!と玄関扉を外から蹴る音がした。飛び上がる程びっくりした。





一連の現象の正体は?|エレベーターで叫べ【怖い話・短編】


その後。何か月か経つ。

庭やエレベーター等、アパート住民と偶然会った時に、深夜のエレベーターの話をしてみた。みなさん先輩住民に教わったことで、毅然と対応するらしい。今のところ実害も無いそうである。

中には、何かの怨念でも彷徨っているのかと、心霊現象の基になるような事件事故等を調べた住民もいた。アパートの施行段階、エレベーター関連、敷地周辺、調べる限り何も無いそうだ。

強いて言えば、もう退去したご老人のこと。20十年くらい前、はじめてエレベーターが設置された時、用もないのに利用して喜んでいたそう。現在生きていれば、110歳とのこと。このおじいさんの霊が遊んでいるのか?それを証明することもできなければ、物理的説明もできない。はじめは不気味さも有ったものの、実害も無い以上は慣れても来たのだろう、この現象をもとに金儲けでもできないかと思いめぐらせてしまうのだ。


以上「エレベーターで叫べ【怖い話・短編】」。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧








テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

或る警備員のミス【怖い話・短編】4-1

(本話の分量は、文庫本換算1ページ程です。)



その日、俺(警備員・24歳)は、或る建設現場にヘルプで入った。緊急のことだったので朝礼には出ていないし、初めて入った現場なので、不慣れなことも多かった。

それでも、与えられた仕事をこなしていると、要領を掴んでいった。また、何度目かの休憩時間には、休憩室で職工さんたちと談笑もするようになった。

話していて気付いたことは、この現場は、職工さんと所長さんの関係が良くないことだ。

職工さんの話しでは、所長さんは「作業の遅れを取り戻すように」と協力会社の人たちにはっぱをかけるそう。一方、協力会社の職工さんたちは、遅れを取り戻すことは無理だという諦めムードだ。職工さんたちは、所長さんのいないこの休憩室で、所長さんのことを「ハゲ」と呼んでいた。


この現場に溶け込もうと努力する俺はある作戦に!|或る警備員のミス【怖い話・短編】4-2」へ。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧








テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

或る警備員のミス【怖い話・短編】4-2

【この現場に溶け込もうと努力する俺はある作戦に!(「或る警備員のミス【怖い話・短編】4-1」)の続き。】



休憩時間が終わった俺は、職工さんたちとの談笑を切り上げて、持ち場である工事現場入口に立った。

一時間程して、昼時になる。職工さんや職員さんは、俺の立つ出入り口を通って、コンビニ等へ向かう。

その中に、ヘルメットを脇にかかえた七分刈りの中年男がいた。立ち止まって俺に言う、「お疲れさん。でかい声でしゃべっていたり道いっぱいに広がって歩いたりするような態度のよくない職工がいたら、所長まで伝えてくれ」と。俺はこの七分刈り男とも所長のハゲネタで仲良くなれるかもしれないと思ったために、「ハゲの所長さんっすね」と愛想良く言った。

七分刈りの中年男は一瞬黙る。そして、「ああ。ハゲの所長よ」と言って、コンビニかどこかへと出入口を出て行った。


やっちまった!努力は裏目に|或る警備員のミス【怖い話・短編】4-3



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧








テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

或る警備員のミス【怖い話・短編】4-3

【やっちまった!努力は裏目に「或る警備員のミス【怖い話・短編】4-2」の続き。】



その後、休憩時間に。俺は、持ち場である工事現場出入口から休憩室へ向かって歩いていた。

クレーン車の停車する広場を横切って、隣接する狭い通路へと歩いていた。通路から、先程の七分刈りの中年男が出て来たので、俺は歩きつつすれ違いざまに挨拶した。中年男は「おっす」なんて返しながら俺を通り過ぎて、クレーン車の横に立つ。俺は半身になりつつ中年男を目で追っていたところ、職工さんがクレーンから降りて来て中年男に話しかける、「所長、先程報告したように…(以下よく聞こえない)」と。

俺の血の気は引いた。七分刈りの中年男は、所長なのか?地に足が付かないまま、休憩室へたどり着いた。休憩室では、警備リーダーがテーブル席に着いて、たばこをふかしていた。俺は、平静を装いつつ向かい席に腰を下ろしながら、リーダーに「七分刈りの中年の人って所長ですか?」と尋ねた。

警備リーダーは、たばこの煙を吐き出しつつ一息ついて、「そうだよ」と言う。俺は、そのことばに湧き上がる焦りを抑えつつ、何かの間違いであることに一縷の望みをかけつつ尋ねた「でも、ハゲてないですよね?あの人」と。警備リーダーは、心乱れる俺に気づきもせず平然と言った、「あれは、カツラだよ。CMでもやっているだろ?何とかナチュラルだかなんだか頭にペタって貼るやつ。ヘルメットでも安心らしいね」と。


許してくれるかもしれないけど自ら出禁とする|或る警備員のミス【怖い話・短編】4-4」へ。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧








テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

或る警備員のミス【怖い話・短編】4-4

【許してくれるかもしれないけど自ら出禁とする(「或る警備員のミス【怖い話・短編】4-3」の続き)】



警備リーダーはまだ何かしゃべっているものの、俺の耳にはもう意味を成しては入ってこない。警備リーダーの表情だ口調だに合わせて、適当に愛想笑いしていた。

愛想笑いをしつつ、俺は頭を切り替えた。残りの勤務時間は、ひたすら所長に出くわさないよう気を付けようと。先程クレーン車横で挨拶したところからして、所長はそれ程気にしてはいないみたいだが、俺の気持ちは申し訳なさや後悔やでもわざわざ謝るのも変だし、何となく折れてしまった。

結局その日の勤務では、所長を遠目に見ることは有っても、接近することは無かった。退勤時も気を抜かずに、通路の角毎にそうっと先を見通して、所長は歩いていないことを確認しつつ進んだ。現場を出た時には、解放感を感じた。よほど緊張していたのだと実感した。

後日、警備会社から、この現場へのヘルプ要請があった。俺は断った。


以上「或る警備員のミス【怖い話・短編】」。



※本ブログの記事は全て著作権によって保護されておりますこと、並びに転載を禁止させていただいておりますことへのご理解をお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

  


◯関連
怪奇話・怪談・怖い話一覧










テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

最新記事
プロフィール

KAKIKURA

Author:KAKIKURA
本blogでは、自作の怪奇小説・怪談や怖い話体験談などを扱います。気分転換にもどうぞ。



※本blogへのお問い合わせは、各記事のコメント欄や「FC2ブログお問い合わせフォーム」をご利用ください。

※本blogでは、商品のご紹介や広告宣伝リンクも掲載しておりますが、内容が正確であるか最新であるか安全であるか等について保証するものではありません。また、何らの責任を負うものではありません。予めご了承ください。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム