fc2ブログ

Fox Story

怪奇話・怪談・怖い話等

  1. 4-4視線…ネタにされる日々…|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    4-4視線…ネタにされる日々…|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    (他ページは4-1|4-2|4-3|4-4)事務室内に次々と冷たい風が入って来た。十字に積み重なったポスターは、重しのない上の方がパラパラと飛んでいく。それだけでも、バイト講師は悲鳴を上げる騒ぎだった。さらに、冬の突風がドッと入り込む。タワーは、中程からバランスを崩して傾き、立っているための許容範囲を超える。ここで誰かがとっさに抑えると、タワーは保てていたかもしれないが、みんな呆気にとられたように動けなかった。...

  2. 4-3そのタイミング!換気開始|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    4-3そのタイミング!換気開始|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    (他ページは4-1|4-2|4-3|4-4)同じ頃、正社員講師Hさんは、換気のため廊下の窓を順々に開けて回っていた。冬の冷たい風は、開けた窓から入り込んでくる。継続的に、時々には突風も入ってきて、廊下のポスターや蛍光灯をパタパタガタガタ揺らす。バイト講師たちが作業をしている事務室の出入口は、その廊下に面している。窓を開け終えた正社員講師Hさんは、用あってそのまま事務室の扉を開けた。バイト講師が、室内でタワーを作っ...

  3. 4-2バイト塾講師たちの機転|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    4-2バイト塾講師たちの機転|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    (他ページは4-1|4-2|4-3|4-4)そんなバイト講師たちの作業だが、中断することに。ポスターは大量に残っているのに、ビニールのみ尽きたのだ。ビニールの発注ミスかな。バイト講師たちは正社員事務員に報告、ビニールのみを追加発注することになった。さて、ビニールが無い以上は、作業を継続できない。集まって話すバイト講師たちは、閃いた。その日はポスター4枚重ねを作っておいて、後日ビニールの届いた時に詰めると、ポスタ...

  4. 4-1序|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    4-1序|冬の冷たい視線【怖い話・短編】

    (本話の分量は文庫本換算1ページ程です。)Hさんは、正社員塾講師。生徒を合格に導いた実績のみならず、日常の態度についても生徒や保護者から評判は良いなどなど、バイト塾講師たちのお手本にも位置づけられていた。現在は冬前。一年の内で最も忙しい時期でもあって、Hさんの実力が発揮されることも期待されていた。それなのに…。その日、やっちまったのだ…。この時期には例年のことで、冬期講習を宣伝するポスターやら合格実績を...

  5. 超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    (本話の分量は、文庫本換算0.8P程です。)居酒屋でアルバイトをはじめたEさん(大学生・男・接客担当)。或る平日の夕方、店の奥に有るレジの辺りで立っていると、ピンポーンとセンサーが鳴った。客が入って来たようだ。対応に出ると、そこにはYシャツとスラックス姿のぼさぼさ頭の中年男が立っていて、出て来たEさんに目も合わせず、ブツブツと独り言を言っている。自分の世界に浸ってブツブツ言っている中年男だが、顔を上げたタイ...

  6. 3-3先輩は言った|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    3-3先輩は言った|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    (他ページは3-1|3-2|3-3)その後、Eさんは、中年男にラストオーダーであることを伝える。中年男は「会計して」と言う。店の奥で計算すると、3万円越えだった。閉店後。仕事を終えたEさんは、控室で一緒になった先輩に「ブツブツ言う変なお客さんでしたね」と言った。先輩は中年男について知っていることを説明してくれた、「あの人。週一くらいで平日夕方に来るよ。いつも3万円くらいは注文する。この前、ブツブツ言う内容を聞い...

  7. 3-2ブツブツの内容|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    3-2ブツブツの内容|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    (他ページは3-1|3-2|3-3)Eさんは中年男の前に立って席に案内。座らせてからは、お冷とおしぼりを運ぶ。その間、中年男は刺身の盛り合わせと日本酒を注文する以外、ブツブツ言い続けていた。その後、Eさんが日本酒を運んで配膳。まだブツブツ言っている。配膳中に、ブツブツの内容が聞こえた、「3,3,2,7,8。かける、いやわる。一つが二つなるのは何でだろう?二つが三つにならないで四つになったと想定する」なんて。その後、Eさ...

  8. 3-1序|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    3-1序|超能力を目撃?奇妙な居酒屋客【体験談】

    (本話の分量は、文庫本換算0.8P程です。)居酒屋でアルバイトをはじめたEさん(大学生・男・接客担当)。或る平日の夕方、店の奥に有るレジの辺りで立っていると、ピンポーンとセンサーが鳴った。客が入って来たようだ。対応に出ると、そこにはYシャツとスラックス姿のぼさぼさ頭の中年男が立っていて、出て来たEさんに目も合わせず、ブツブツと独り言を言っている。自分の世界に浸ってブツブツ言っている中年男だが、顔を上げたタイ...

  9. 夢と現の間にて【怪談・短編】

    夢と現の間にて【怪談・短編】

    (本話の分量は、文庫本換算3ページ程です。)大学の同窓会の帰りのこと、俺(葦笛明・32歳・精神神経科医)は友人の小田と二人で、府中駅南口の暗い路地に有る喫茶店にてきつめのウイスキーをゆっくりと飲んでいた。小田は「留年していた葦笛も、ちゃんと医者になっていて安心したけど、精神神経科医だなんて何かの縁だ」と言ってグラスを口に付けてから、またしゃべり出す「相談じゃなくて他愛無い話だから診察料は取らないでくれ」...

  10. 5-5見解|夢と現の間にて【怪談・短編】

    5-5見解|夢と現の間にて【怪談・短編】

    (他ページは5-1|5-2|5-3|5-4|5-5)―「奇妙だろう?壁の向こうの声かこっち声か分からなくなるなんて」小田は下手くそな講談師のようなしゃべりを止めて、俺に同意を求めるようにしゃべりかけてくる。俺が適当に頷くと、「精神科医の先生としてはどう思う?」と言ってくる。俺は「疲れていて休もうとする神経と慣れない高級旅館に高ぶっている神経と混在していること等が原因で、ウトウトしつつ隣の部屋の話し声を過敏に感受した...